わが子と私の運動会のリレー

運動会でリレーは花形の競技ですね。わが子がリレーのアンカーを務めたとき、バトンをもらったときは3位だったのに、2人を追い抜いてトップになったときは、あまりのうれしさに涙が出てしまいました。幼いころ、体の弱い子だったので、よくここまで育ってくれたと思うと、しばらく涙が止まらなかったことを覚えています。
反対に、いやな思い出もあります。保護者のリレーで「参加してほしい」と頼まれ、どうしても断れなかったのので出ることになりました。じゃんけんで負けて、私がアンカーになってしまいました。事前にほとんど練習もしていなかったので、久しぶりに走ると足がもつれてしまい、ゴール直前で転んで追い抜かれ、最下位になってしまったのです。チームの人たちに申し訳なかったし、何より子どもの前で恥ずかしい姿を見せてしまったことが悔やまれてなりません。