大都技研の巻き返しに期待したい

パチスロメーカーである大都技研は、4号機時代は番長や吉宗など、大ヒット機種が目白押しでした。しかし、5号機になってからはしばらく不調が続きました。新吉宗や操なども、今ひとつヒットせずに終わってしまいました。しかし、シェイク2や忍魂がそれなりにヒットし、徐々に復活の兆しが見えてきました。そして、秘宝伝封じられた女神、番長2の大ヒットにより、大都技研は完全復活を成し遂げることができました。
ところが、その後また不調に陥ることになります。パイレーツワールドが大不評に終わり、秘宝伝太陽を求める者達も、かなり評価は低かったです。その後も、忍魂2や吉宗3を開発しましたが、そちらも稼働があまり良くなく、早々に撤去されてしまったのです。2014年は、番長3なども導入される予定なので、そこでどれだけ巻き返せるかが注目だと言えます。