救急車の存在は本当にありがたいです

近所に総合病院があるので救急車のサイレンの音がよく聞こえてきます。家にずっといるわけではないので朝から晩まで何回救急車が出入りしているのか分かりませんが、夜だけでも結構な回数だと思います。救急車ってありがたい存在だなあと思います。
ところで先日、東南アジアのある国を紹介する番組を見て知ったのですが、その国には救急車が存在しないとのことでした。もしものときは自分か周囲にいる者が自腹でタクシーを呼んで高度な医療を行う病院にかけつけるそうです。尚、その国の政治家は救急車なんて必要ないと思っている人が多いみたいで、残念なことにお金持ち(自腹でタクシーを呼べる人、高度な医療を行う病院に入院できる人)しか救急医療を受けられないとその番組では解説していました。
日本は本当に良い国だと思います。被保険者は保険料を払わなければいけないにしても、救急車は原則無料ですから。もちろんドクターヘリも無料です。今日もたくさん救急車のサイレンの音を聞きましたけれど、24時間体制で国民の安全を守る救急隊員や病院のスタッフの人達には本当に頭が下がります。