ニキビが繰り返す時の症状

ニキビがブツブツ繰り返しできてしまうニキビが続く場合、なぜ次から次へと出来てくるのか原因不明なまま手当てを続けていても全く意味がありません。 今出来ているものを治しているうちにまた次のニキビが出来てしまい、 出来た数だけ色素沈着や赤い跡、凸凹クレーター状の痕も残ってしまいます。これを続けていたら、いつまでたってもニキビや跡、毛穴の開きや黒ずみなどから抜け出すことができません。
繰り返し出来る大人ニキビ解消のためにまず必要なのが、なぜ繰り返しニキビが出来続けるのか、その原因を見つけることです。そして、見つかった原因を取り除き、皮膚の状態を整えるスキンケアで肌が本来持っている力を引き出してあげれば、肌の治癒能力で自然に治ってきます。ニキビ痕は大人になっても残ってしまう場合があるのできちんとケアしてあげることが必要です。

一度食べてみたいトムヤムクンヌードル

先週発売したばかりの日清のトムヤムクンヌードルが、あまりにも売れすぎて一時販売停止になったそうです。日清のカップヌードルはたまに買いますが、こんな商品出てたなんて知りませんでした。売れすぎて販売停止と聞くと、そんなに買う人がたくさんいるほど美味しいものなのかと思ってしまい、販売が再開されたらどんな味なのか食べてみたくなりました。

売れすぎて一時販売停止というと、去年発売したガリガリくんのコーンポタージュ味もそうでしたが、どんな味なのかすごく気になって販売再開を楽しみにしていたのに、食べてみたらなんかすごく微妙な味で、楽しみにしていたのを待っていたのに、こんなものを待っていたのかということがありました。
トムヤムクンヌードルは期待を裏切らない味であってほしいです。

リーズナブルなカーナビが売れている

カーナビの価格破壊が起きたようですね。数年前からその傾向はあって、廉価版が販売され、それが主流になってきています。一時は、20万円、30万円というカーナビ製品が発表され、かなりの数が売れていたと思います。カーナビだけの機能で何十万円もとれないので、オーディオの機能やその他の機能を充実させて負荷価値を付けていました。

しかし、実際のところ「カーナビの機能だけ欲しい」という人に過剰スペックで何十万というのは負担が大きかったようです。廉価版が発売されるとジワジワと人気が出始め、主流になっていきました。ニーズにマッチしたということなのだと思います。今となってはスマホで無料でカーナビができるようになってきていますので、カーナビ専用機がどこで差別化するのかというところで厳しい状況はなってきています。しかし、安い価格帯のカーナビは売れ続けているという事実があります。

沖ノ鳥島は地球温暖化でも大丈夫なのだろうか

沖ノ鳥島と言えば、日本の最南端で経済的漁業水域や大陸棚の所有権をめぐって、今一生懸命、島の存続の危機を救おうと工事が行われています。
国際的にいうと、島であるためには自然の土地が海面より常に上にでているというのが1つの条件になっているようです。もしそうでないのならばら島ではなく岩の扱いとなり、沖ノ鳥島からの半径200海里にも及ぶ経済的漁業水域を手放さなくてはならなくなってしまいます。中国はあれは岩だというように言ってきていますが、日本は波による浸食から島を守るために、周りをコンクリートで固めています。
小さい島を守るために、それよりも何十倍も大きなコンクリートで周りを囲んでいます。まあいろいろ大変なんだなと思いますが、考えてみると地球温暖化の時代です。波に浸食されなくても、黙っていても海面が上昇してきていしまいます。すると自然と島は海面よりも下になってしまうのではないかということが心配です。

犬達で静かな家がにぎわった

家が明るくなった1ヶ月が終わろうとしています。
いつもはシーンと二人ですごしている空間に、2匹の犬が仲間入りして3週間が経過です。

妻の妹が出張で1ヶ月ほど家を開けるからと、犬2匹を我が家で預かりました。
今まで、犬を飼ったことがなかったのでかなり不安でした。
だけど、犬達も人見知りをあまりしなので、結構ラクで楽しく過ごせました。

普段からしっかりと、躾されているから良かったのでしょうね。

ここまで振り返って見ると、散歩が大変でした。
時間になると散歩に連れていってと、尻尾を全開に振りますからね。
ここがまた愛らしいんですけど。

来週には、妹が帰ってきます。なので、犬達ともまもなくお別れです。
いなくなるんだなと思うと、寂しくなってきますね。

どの選手も強くて素敵

最近フィギュアをテレビでみるのがマイブームです。オリンピックで羽生選手が金メダルを獲りましたがその辺りから男子も強くなったんだなぁと感じていました。

少し前までは日本フィギュアといえば女子の方が強いというイメージがありました。でも、高橋選手がメダリストになってからは男子フィギュアもどんどん若い選手が台頭してきて、ついに羽生選手という若手エースが誕生しました。そして先日の世界選手権で男女共に羽生選手と浅田選手が1位という結果を聞き、もう男女の選手層の差はなくなったのではないかなと感じました。

元々フィギュアはいつもテレビで見ていたので、日本選手がこんなに活躍してくれるようになって、応援する側としても嬉しい限りです。見ていてこんなに優雅で繊細な競技はないと思うので今後もどの選手のことも応援していきたいと思います。

スポーツ観戦

フィギュアスケートの世界選手権、男女アベック優勝で終了しましたね。日本で開催された大会で、男女ともに日本の方が優勝というのは嬉しいですね。でも、他国の人から見れば、「当たり前」と評されるのでしょうか?これが違う国だったら、やはり今以上の価値がある気がします。母国開催ですと、やはり「ひいき目なんじゃないのぉ」と思ってしまいますよね。ジャッジは正しいとしても、やはり母国だと体調面で管理しやすいですし、観客席の応援がホームですからね。あっ、羽生選手に対する演技直前の奇声的な応援は如何なものかと思いますが。東京オリンピックのあることですし、きちんとマナーは守ってほしいですね。でも「溜息まじりの応援はテンションが下がります」と前にテニスの伊達選手が発言されていましたが、応援って難しいですよね。どこまで声をかけていいものか、どういったことがマナー違反なのか。。。難しいです。

補助金の不正受給

先日、NHKのクローズアップ現代で、太陽光エネルギーの送電について放送されていました。自分の土地ではないのに、太陽光を設置するといって補助金を受けた人とかいるそうです。信じられません。そんなことが許されるなんて。いつも「国の対応が遅い」と言われていますが、太陽光は震災の後、エネルギーの見直しとして、結構、早く補助金制度ができた気がします。早ければ、制度が乱雑というのは如何なものでしょうか。早くて、制度もしっかり。っていうのは難しいんですかね?普通の企業だと考えられないのですが、やはり国の事業となると、しっかり構築するのって難しいのでしょうか。どちらにしろ、不正にお金をもらった人には返してほしいですし、補助金を貰って太陽光を設置した人はフルに送電してほしいなぁ。と思います。太陽光の補助金だけでなく国にはもっともっと無駄をなくしてきちんとした税金の使い道を示してほしいです。

声の小さい人間の日常

自他ともに認める声の通らない女の私。学生時代の合唱の時間は、音痴も相まってジゴクでした(泣)
成人した今でも会話中に人に台詞や単語を聞き返されることはしょっちゅう。でも、そうされると更に声が小さくなっちゃうんですよね・・・。
知人や友人ならまだイイんですが職場とかになるともうダメー。瞬時に耳が熱くなって顔が赤面しちゃって。もうホント、すみませんて感じで謝りたくなる。

今日も、お昼を買うために寄ったコンビニでのこと。品物を選びレジで会計へ。そのときビニール袋を断ったらよく聞こえなかったらしく、けげんな表情で固まる店員さん。もう一度更に小さい声で断る私。訝しい目で品物のバーコードを読む店員さん。お金を払う私。そして・・・「袋はお付けしますか?」
・・・うわぁぁぁあん!!いらないの結局は袋をつけてもらうことにしました。。。

春到来、自転車シーズン

4月に入りだんだん暖かくなってきた今日この頃、寒い冬はひたすら我慢していましたが、ついに自転車のシーズンがやってきました。冬の間は外を走ると寒くてたまらないし、いつ雨が降るかわからないしで、ひたすら室内でローラー台を使う日々でしたが、ロードバイクって名前なんだからやっぱり道を走らなきゃ嘘ってなもんですよ。
というわけでテンション上げ上げでロードバイクに乗ってます。ああ、やはりロードバイクは最高だ、こんなに楽しい乗り物はないという感じなんですが一つ大問題が発生それは花粉、花粉症がひどすぎる。今年は控えめとか来たのに結構きつい、涙・鼻水が止まらない。走ってる時マスクなんかしたら息苦しいわ、汗でビショビショになるわ、なので花粉を物理的に防ぐ手段がない。
しかし俺の自転車への愛は負けはしない、こんな時こそ薬の出番。目薬・鼻炎薬使用で花粉なんかに負けはしない。花粉症シーズンはあと少し。ひたすら自転車を楽しんでやるぜ。