復職したいのですが、なかなかかないません

私はどちらかというと仕事人間だったので、結婚しても仕事を続けました。家事もしっかりやりたいと思いましたが、時間や余裕がなく、中途半端な部分もありました。でも、そういう環境を生かしていろいろな工夫をし、生活を楽しもうと考えていました。
でも、妊娠したときは仕事を続けるかどうかかなり迷い、妊娠中は働いたのですが、出産後は無理したくないし、子どもを大切にしたいと言う思いで退職しました。でも、子育てをしながら、仕事をしていたときの充実感や達成感を思い出して、いつかは復職したいと考えていました。
子どもが保育園に入園し少し手が離れたのですが、仕事を探してもなかなかありませんでした。やはりブランクは大きかったと少し後悔しました。でも、後ろ向きにならず、これからも復職をめざしてがんばりたいと思います。

もう少ししたら大学入試が始まります

大学受験も もうすぐです。そんなシーズンなんですね。結構勉強しましたね。今思えばいい経験が出来たかと思いますけど。当時はなぜこんなに苦労しなければと思っていたのですけどね。
さすがに独学では間に合わなっかたので、某予備校へかよいましたが、正解だったと思います。同じ境遇の仲間と出会えたことが何よりのはげみになりました。
予備校の他にも個別指導も検討しました。これはこれでいいところもあるとは思うのですが、なにぶん ワイワイとした雰囲気がよかったので予備校にしました。
同じ予備校に通う仲間で同じ学校に受かったときはめちゃめちゃ感動しました。いや~いまでもよかったと思います。これから 入試を控えているみなさん、苦労の向こうに栄光があります。がんばりましょう。

デパ地下のサラダを参考に

私は百貨店に行くと、必ずデパ地下に寄るようにしています。買わないこともありますが、いろいろなおかずをみて回ることが好きなのです。
改めて「ああこんな料理があったんだ、ずっと忘れていた」と気づくことも多いです。また、サラダのお店をよくのぞきます。彩りのよいサラダがたくさん並んでいるので、何を入れたらいいのか、とても参考になります。
緑のブロッコリーや、赤・黄色・緑のパプリカなどをうまく使っていますね。また、エビやイカ、ホタテなどが入った海鮮サラダもとてもおいしそうです。
ただ、サラダはとても高くて、100g350円くらいします。100gというとわずかしかないので、家族が食べるとなると200g以上は買わなくてはなりません。だから私は買わずに、家で作ることにしています。

息子のお誕生日会をすることになりそう

「お誕生日会をしたい」と息子が言っています。学校の友達を家に呼びたいらしいです。でも、今まではそんなことを言ったことがありませんでした。毎年、おじいちゃんおばあちゃんだけを呼んで、お食事会みたいなことをしていました。それなのに、今年は、おじいちゃんおばあちゃんではなくて、友達をたくさん家に招きたいようです。
息子は友達の家でパーティーなどをしたこともありません。親戚以外でパーティーをするなんて、初めてのことです。もともと、息子は友達に物をあげたり、家に遊びに呼んだりするのが好きなので、その延長なのかもしれません。私も初めてのことなので、どんな料理を出そうかとか、考えています。でも、息子はまだ友達に誕生日会のことを言っていないので、本当にやれるかどうかはわかりません。友達みんなが都合よく、来てくれるといいのですが。

和紙ちぎり絵講師の母の活動

私の母は、和紙ちぎり絵しゅんこうの認定講師です。今年80歳になりますが、講師歴30年以上で、今も教室を開き、生徒さんに教えています。
一人ひとりに合った指導を細かく丁寧にしているようです。「皆さんに喜んでもらえるのが何よりうれしいし、一緒にするのがとても楽しい。ちぎり絵のおかげで元気で幸せ。講師を続けてきて本当によかった」と笑みを浮かべながら話します。
ちぎり絵は和紙の風合いと、ちぎることで出る色の濃淡で水彩画にも油絵にも見えます。紙だけですごく遠近感が出るのはとても不思議な気がします。
母は、今年の和紙ちぎり絵協会展で、明るい色彩と神秘的な美しさが評価されて努力賞を受賞しました。これを励みにして、これからも長く続けてほしいです。