救急車の存在は本当にありがたいです

近所に総合病院があるので救急車のサイレンの音がよく聞こえてきます。家にずっといるわけではないので朝から晩まで何回救急車が出入りしているのか分かりませんが、夜だけでも結構な回数だと思います。救急車ってありがたい存在だなあと思います。
ところで先日、東南アジアのある国を紹介する番組を見て知ったのですが、その国には救急車が存在しないとのことでした。もしものときは自分か周囲にいる者が自腹でタクシーを呼んで高度な医療を行う病院にかけつけるそうです。尚、その国の政治家は救急車なんて必要ないと思っている人が多いみたいで、残念なことにお金持ち(自腹でタクシーを呼べる人、高度な医療を行う病院に入院できる人)しか救急医療を受けられないとその番組では解説していました。
日本は本当に良い国だと思います。被保険者は保険料を払わなければいけないにしても、救急車は原則無料ですから。もちろんドクターヘリも無料です。今日もたくさん救急車のサイレンの音を聞きましたけれど、24時間体制で国民の安全を守る救急隊員や病院のスタッフの人達には本当に頭が下がります。

読み方がたくさんある錦織

テニスのの全米オープンで錦織圭が準優勝して、ニュースやワイドショーではしばらくこの話題で持ちきりで、ある番組でこの名字に関して伝えていたのですが、錦織の読み方にはすごくいろいろあることがわかりました。
錦織圭の名前を初めて知った時に「にしきおり」じゃなくて「にしこり」って読むんだと思ったのですが、錦織は「にしこり」以外にも「にしごり」「にしごおり」「にしこおり」「にしきお」などの読み方があり、錦織の読み方だけでも10通りくらいありました。
同じ錦織さんでオペラ歌手で錦織健という人がいますが、読み方は「にしきおり」でも本名は「にしこおり」というのだそうです。
これだけ読み方がたくさんあるということは、知ってる人でずっと錦織(にしきおり)さんだと思ってる人が、実は違う読み方という人ががいるのかもしれません。

雨の花火大会

毎日毎日まだまだ蒸し暑い日が続いてますね。この夏は何もないまま、またすぎようとしていますが、大雨が多かったように思います。
少し前に花火大会がわたしの町でもあったのですが、いとこやその子供たちが楽しみに待っていたので雨が降らなければよいなと思っていました。
ところが、急に夕方大雨が降り始めてこれじゃあ花火大会も無理だなと思っていたのですが、私の家の2階からいつも見えてたり、聞こえてくる花火の音が聞こえてきました。
こんな雨でとおもい、二階に上がってまどを少しあけて覗いてみると港のほうから打ち上げている花火がみえるではないですか。雨は容赦なく降ってきてるのにどんどん打ち上げられる花火はきれいに傘をひらいて華やかにあがってました。
後からいとこに聞いてみると、やはりちかくへ浴衣を着てはいけなかったもののいとこのうちの2階の窓から少しだけみんなで花火を見てたそうです。
夏の風物詩の花火大会は、残念なことに雨でしたが小さな子供たちにはきれいきれいと楽しめたそうでよかったです。

すき焼きを作って食べました

今日は晩御飯として、冷蔵庫の中に残っていたものを使って、すき焼きを作りました。材料は、牛肉と、豆腐、白菜、しいたけなどです。
作り方は、まず、牛肉を炒めて、しょうゆ、酒、砂糖を入れます。次に、白菜などの野菜を入れて一緒に煮込みます。煮込んで数分すると、野菜から汁が出てきて、鍋の中の水かさが増えてきます。最後に豆腐などを入れて煮込めばすき焼きの完成です。きちんとした作り方ではないと思いますが、非常においしかったです。卵を絡めて食べるとかなりおいしかったです。
最後にすき焼きの残り汁での中にご飯を入れれば、おじやが出来ます。おじやも非常においしく頂くことができ、うれしかったです。一緒に食べた家族にもおいしかったと褒めてもらいました。

うちの牛肉のにおいじゃなかったのか

夕飯の支度をしているときに私の部屋の中にすき焼きか牛丼のようないいにおいがしてきて、昨日牛肉の切り落としを買ってきていたので、今日の夕飯は牛肉が食べられると喜んでいました。
そして夕飯の時間になったのでリビングに行くと、テーブルの上にあったものは牛肉ではなくて、焼き魚と昨日の野菜炒めの残りを混ぜて作った玉子焼きでした。
あのにおいをかいだときはてっきり台所からのにおいだと思ったのですが、別の近所の家からのにおいのようでした。
牛肉と比べると少々残念なおかずでしたが、味が濃くて箸があまり進まなかった昨日の残りの野菜炒めが、玉子焼きになったら濃すぎた味がちょうどよくなって、これがまた美味しい玉子焼きでした。

我慢しすぎると便秘になる

トイレに行きたいのを我慢するということは時々あると思いますが、これを何回も続けていると便秘になってしまいます。我慢をするということは腸を締め付けて老廃物が出ないようにするのですが、体がこの状態に慣れてしまうといつまでたっても老廃物が出ない環境になってしまいます。こういった便秘になってしまった場合はまずは腸を緩めていく必要があります。老廃物を腸がせき止めてしまっているのでこの腸がいつもどおりになることでこの便秘は改善されます。また長い時間停滞しているとどうしても便が硬くなってしまうので水分を摂取して便を柔らかくしていくことも大切になってきます。
他にも朝は便意がなくてもトイレに行ってみても、日々の習慣によって便秘が自然と改称される場合もありますし、軽く運動することで筋肉の緊張を和らげて老廃物を排出させることができます。便の我慢のしすぎは便秘につながりますし、体に良くないのでできるだけしないほうがいいです。

大学病院へ父のお見舞いに行ってきました

先日、父親の入院する大学病院へお見舞いに行ってきました。腰の骨を削る手術をして入院中だけど、リハビリも順調でもうすぐ退院できそうです。独りで歩き回って看護師さんに怒られるくらい元気でしたから一安心です。
父の入院する大学病院は2年くらい前に建て替えて新しくなりました。昔の大学病院と言えば、薄暗くて重々しい感じが印象にありますが、今の大学病院は何といってもきれいで明るいし、談話室も外の景色が見渡せて爽快です。コンビニにカフェ、図書室もあるしキッズルームもあります。
入院中って、入院している本人も周りの人間も何かしらストレスが溜まりますけど、気分転換できる場所が色々とあるからいいですね。病院って本来ならあまり行きたくない場所で脚が重くなりがちですが、雰囲気が明るいと、重たい気分も少し吹き飛びますね。

猫の可愛さは格別ですね

かわいい動物はたくさんいますが、やはり一番かわいいのは猫なのかもしれません。毛並みがふさふさしていて鳴き声もとても可愛いものです。見ていてなにか癒されるものがると思います。牛乳などの脂肪分を含む食品を好むところのいいですね。
私の飼っている猫は黒猫でした。元気が良くて、いつもほかの猫と喧嘩をしています。しかし、あまり気が大きくないのでほかの猫に餌を横取りされてしまう場合もあります。そのような時は可愛そうだなと思います。でも、自分の身は自分で守るということがどこの世界でも共通のルールなのではないでしょうか。誰かが助けてくれるわけではありません。やはり、自分の身は自分で守っていかなければならないのです。

タイミングが悪い外出でした

昨日は仕事が休みでしたのでお昼前に喫茶店に行って本を読もうと出かける準備をしていました。すると通り雨のような雨が降ってきたので、天気予報で雨雲を確認すると、もうまもなく通り過ぎそうでしたので止むのを待ち、小雨になったので自転車に乗って出かけました。
すると、見計らっていたかのように私が自転車で少し進んだタイミングで、再び雨脚が強くなり、喫茶店に着く前になかなか濡れてしまいました。そして、コーヒーを飲み本を読み終わった所、雨も止んでいました。さらに帰り際にスーパーにお昼ご飯の買い物をし、スーパーで出た所、再び見事に雨でした。
雨宿りをするスペースもなく、えいやと飛び出し、再び雨に濡れながら帰ったのですが、家に着いたら見事に雨が止み、ほんとタイミングが悪い外出でした。

バランス感覚を育てていく大切さ

私はどうしても読んだり書いたりといった事に時間と労を費やしてしまう傾向があります。そのおかげで情報分析が得意になったのですが、それにだけ日々の時間を費やしていくと他の分野の能力を伸ばす事が出来なくなるので、自分が劣っている能力が何かといった事を分析していきながらそれもちゃんと伸ばしていくように気を付けています。
人間ってつい得意な事をしているとそれが面白いし楽だからそういった事にだけ時間と労を費やしていきがちになりますが、それでは本当の能力の高い人になれないのです。
一番大切な事はバランス感覚なので、私も自分が劣っている分野の訓練を日々のライフスタイルの中に少しでも取り入れていくように1日30分でも新しい事にチャレンジしていこうと思っています。こんな風に常に自分を客観的に観察していく力って大切だなと思いました。